5つの概要 ミリョクをつくる マナビをそだてる
     
ナカマをふやす ミリョクをつたえる カツドウをつづける

 

魅力化ニュースレターはこちら

 

 

 

 

ミリョクをつくる

生徒や教職員にとって
魅力的な学校づくり

生徒の声を反映する仕組みの検討

働きたくなる職場づくり

教職員のスキルアップ

 

ミリョクをつくる 研修の参加

ミリョクをつくる 研修の参加

高校魅力化コンソーシアム構築事業研修会に参加

  • 7/22 島根県教育委員会主催
  • 都市部の先導モデル校である本校は、これまでの取組み状況や現状の課題などを発表
  • 松江市、出雲市、安来市などの高校が特に関心を持って聞いていた。
  • 中山間地域のモデル校(津和野)や一市多校モデルの雲南市(大東・三刀屋)の現状を知る機会となった。

ミリョクをつくる 教員研修の実施

ミリョクをつくる 教員研修の実施

開催日

令和元年10月1日(木)13:00~14:30

参加教員数

36名

進行

熊丸真太郎准教授(島根大学教育学部)

内容

  1. 高校教育を取り巻く現状の把握
  2. 本校の課題の共有
  3. 本校で育てたい生徒像の明確化
  • 6~7人ずつのグループで東高の課題や、育てたい生徒像について意見交換
  • 多くの先生が集まって東高の魅力化について一緒に考える貴重な時間となった。

ミリョクをつくる 研修の参加

「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」全国サミットに参加

10/24東京都国立オリンピック記念青少年総合センター

参加者

  • 野々村校長
  • 教育指導課地域教育推進室地域教育スタッフ 後藤社会教育主事
  • 株式会社エブリプラン 野津グローカル戦略研修室長
  • 魅力化推進部長 手錢

セッション1

  • 指定校による発表
  • グループ対話

セッション2

  • 本事業で育てたい生徒像にかかるワークショップ
  • 高校魅力化評価システムの結果読み取り・共有のためのグループワーク

今年度から実施した「高校魅力化評価システム」の結果について、各校にフィードバックされ、それに対する比較検討、分析をグループ内で行った。

 


 

 

マナビをそだてる

社会に開かれた
教育プログラムの研究・開発

総合的な探究の時間のプログラム検討

企業との連携方策の検討

新たな教育プログラムの検討

 

マナビをそだてる(1)1年生

日本マイクロソフトによる「AIりんな」の体験授業

マナビをそだてる(1)1年生

  • Society5.0の到来を見据え、IT社会を生き抜く力を身に付けるきっかけとして、マイクロソフトディベロップメント株式会社の中吉寛氏をお招きし、「AIりんな」の体験授業を実施
  • 生徒たちが将来、AIの仕組みを学び、活用方法を考えるきっかけとなった。

課題解決型学習導入編「東高のCMをつくろう」

魅力化9

  • 最も身近な学校の魅力を探し、表現する活動
  • 各クラスで上映会を開き、 クラス代表が文化祭 (8/30)で全校生徒や保護者の前で上映
  • 最優秀作品は学校のHPに掲載

 

課題解決型学習「地域の魅力と課題を知ろう」

課題解決型学習「地域の魅力と課題を知ろう」

  • 学園通り商店街、松江市とフィールドを拡大
  • それぞれ魅力と課題を知り、解決策を考え、発表
  • 7/25 松江市より政策部を始め、11部局参加
  • 9/10,17 学園通り商店街、中小企業同友会より8社10名参加

課題解決型学習「地域の魅力と課題を知ろう」

11/26ビジネスプラン発表会

11/26ビジネスプラン発表会

  • 松江市、学園通り商店街、中小企業同友会等(計11名)の方々をお招きし、これまでの探究活動の成果を発表した。
  • 外部の方々から発表に対する質疑、評価もしていただいた。

マナビをそだてる(2)2年生

マナビをそだてる(2)2年生

「イノベーション創生基礎論Ⅰ」を受講

(6クラス合同2回,3クラスずつ4回×2)

  • 島根大学にて大学生と共に地域協創本部高須先生の講義を受講
  • 「問題」と「課題」の違は?
  • 大学生も交えたグループでブレインストーミングを実践
  • 「松江の○○を東京の○○に売り込むには?」松江のサービス、商品、観光地などを東京のターゲットに届ける手法を学ぶ。

課題解決型学習

「松江の○○を東京の○○に売り込むには? 」

36通りのテーマから抽選により班ごとのテーマを決定

 

1.7/5,12 校外調査活動(全48班)

売り込む商品・サービス等を研究するため、松江市内の各店舗、観光施設などテーマに関係する計35カ所を訪問

売り込む商品・サービス等を研究するため、松江市内の各店舗、観光施設などテーマに関係する計35カ所を訪問

 

2.7/19課題研究の中間発表

7/19課題研究の中間発表

  • 島根大学で受講する「イノベーション創生基礎論」の最終回
  • 課題研究のテーマについてポスター発表を実施
  • 大学生から意見をもらったり、大学生の発表を見たりしたことで、より良い研究、発表につながる機会となった。

3.10/8 10 東京研修旅行フィールドワーク

10/8 10 東京研修旅行フィールドワーク

  • 売り込む商品・サービス等どのようにPRすれば良いか、を東京の各所でフ企業等訪問、街頭インタビューを実施
  • 訪問企業・店舗数 計70カ所
  • 街頭インタビュー 計29地点
  • 今後の各種発表会に向けて ポスター作成

4.10/17 島根大学「教育入試懇談会」

10/17 島根大学「教育入試懇談会」

探究的な学びの成果発表

 

5.11/16しまね大交流会ポスターセッション

11/16しまね大交流会ポスターセッション

  • 全 48 班がポスターセッションを実施
  • 他校生の発表を見たり、外部の方からの意見をもらい、学年発表会選考会向けて、実践の場となった。

 

今後の予定

6.12/6 学年発表会

3 クラスずつ発表会を行い、代表 4 班ずつ選出

7.12/17 地域共創人育成 Project2 年生「 MATSUE 探究」成果発表会

学年代表の8班がくにびきメッセ国際会議場にて発表

12/17 地域共創人育成 Project2 年生「 MATSUE 探究」成果発表会

 


 

 

ナカマをふやす

松江東高等学校を
応援するサポーターの獲得

東高カフェ(仮)の開催

卒業生とのつながり強化

地域(川津地区)とのつながり強化

 

 


 

ミリョクをつたえる

松江東高等学校の魅力の
対外的な情報発信

統一的なPR

中学生、保護者へのアプローチ

 

ミリョクを伝える

スクールガイド 昨年度2,200 部

→今年度初版 2,500 部+増版200 部+追加増版200 部

 計2,900 部

スクールガイド

 

EAST NEWS

23~25 号を発行済

EAST NEWSはこちらからご覧いただけます。

 

魅力化ニュースレター(新)

  • 福井マネージャー作成
  • 総合的な探究学習 の時間の内容に特化した記事を掲載
  • 1~6 号を発行済

魅力化ニュースレターはこちらからご覧いただけます。

 

HPのリニューアル

  • デザイン性、カテゴリー配置を一新
  • スマートフォンでも見やすい作りに

HPのリニューアル

 

 


 

 

カツドウをつづける

コンソーシアムの持続化のための
仕組みづくり

同窓会費やPTA会費の活用

コンソーシアムのあり方の検討

 

  


 

魅力化ニュースレター