4月22日、5月6・7日、11日に、3回のシリーズプログラムとして、「チーム活動のためのスタートアップ授業」を行いました。総合的な探究の時間において、チームとしてよりよく活動していくための基盤作りを目的として実施しました。特に、5月6・7日に実施した演劇型ワークショップについて、紹介いたします。このワークショップは、

 1 本人のみが「役割」と「性格・資質」を知った上で、それを演じながら、あるテーマについて、グループで話し合う。

 2 本人は「役割」のみを知った上で、「性格・資質」は周りの人のみが知った上で、あるテーマについて、グループで話し合う。

といった形で進めました。生徒たちは、普段の自分や普段のクラスメイトとは異なる役割を演じながら、グループ協議を行うことで、グループ活動をしていくときに大切にすべきことを体験的に学んでいきました。

 中間試験以降は、今回の学びを踏まえて、「松江東高校の魅力を発信するPR動画づくり」をテーマに学習していく予定です。

【活動の様子】

1

2

3

4

5