着任のごあいさつ

 松江東高校のホームページをご覧いただき、大変ありがとうございます。この度、校長として着任しました田中正樹と申します。どうぞよろしくお願いします。校長

 私は、本校に勤務するのはこれで2度目になります。前回勤務したのは、平成15年度~平成21年度まで7年間で、教諭として勤務しました。この当時は、県内では初となる国のスーパーサイエンスハイスクール指定校として高大連携を進めながらプログラム開発に取り組んで参りました。この度、新任校長として着任することになり、久しぶりに勤務する懐かしさとともに身が引き締まる思いでいっぱいです。

 本校は、昭和58年に開校した、今年で39年目となる若い学校です。
教育方針は、
  「高い知性と、すぐれた人格を備え、心身ともに健全で、人間性豊かな人材の育成をめざす」
です。校歌の各節の終わりにある「ともがらよ」に込められた「師弟同行」の精神をモットーとし、開校以来、「養性」という理念、「人間が本来持っている良きものを、本人が自覚し、啓培していくという理想」の具現化を目指して参りました。この春で10231名の卒業生を社会に輩出しています。

 本校は今年度までの3年間、国の「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」の指定を受け、大学や地域の方との連携を深めながら、
  「生徒の持つ可能性の拡充に、師弟同行で挑戦する学校」
をめざして取り組みを進めています。育てたい生徒像は、
  「自分らしいライフデザインの実現をめざす生徒」
  「持続可能な社会を創造する地域共創人」
です。このような生徒を育てるための様々な取組により、本校の魅力化・特色化を進めています。

 島根県教育委員会が高大連携協定を結んでいる島根大学について、本校はそのパイロットモデル校の指定を受けています。高大接続改革が叫ばれている中、本校の特色を生かした連携のあり方について検討を進めながら、生徒の持つ可能性の拡充に努めて参りたく思っています。

 そして、このような連携の中で、地域の方や大学の先生方、企業経営をされている方など、いろいろな方との出会いを通し、先の見えない時代をどのように生きていくのかという自分なりの将来像がイメージされ、地域共創の志が育まれることを期待しています。

 本校の玄関には「初心不可忘」という書が掲げてあります。本校設立時に尽力された先生方の思いを真摯に受け止めながら、地域への思い豊かで、生涯にわたって積極的に学び続けようとする人材の育成に向け、更なる魅力化・特色化を進めていきたく考えていますので、どうかご支援、ご協力をよろしくお願いします。

2021年    4月 
島根県立松江東高等学校
校 長   田 中  正 樹

 

講話や式辞などを随時更新いたします。

pdfファイル「目標に向かって歩みを止めない自分(進路ジャーナルVol1)」(PDF:295kB)

pdfファイル「令和3年度補習科入科式あいさつ」(PDF:51kB)

pdfファイル「令和3年度1学期始業式講話」(PDF:86kB)

pdfファイル「令和3年度入学式式辞」(PDF:99kB)