3月15日(木)、1年生に向けて、人権同和教育の一環としてアサーティブネスの方法と実践を学ぶための授業が各クラスでありました。

〝アサーティブ・アサーション〟とは自分も相手も大切にした自己表現のことです。まず自分のコミュニケーションの取り方の特徴を知り、理想的なコミュニケーションを普段の生活の中でとれるように練習をしました。

生徒たちは初め聞い慣れない言葉に戸惑いながらも、ロールプレイを通じて楽しみながら、場面ごとにアサーティブな断り方の練習することができました。自分とは違うクラスの人の意見も参考にしながら、今後のコミュニケーションの取り方を考える良い機会となりました。

 1

2