39日(金)、松江市消防署の方に来ていただき、1年生を対象に救急法の演習が行われました。

生徒たちは初めにDVDを鑑賞し、その後3人1組になり人形を使って人工呼吸の方法とAEDの使い方を習いました。消防署の方は「心肺停止はみんなくらいの年齢の子でもありうる。そのときに皆がその場で正しい措置をできるかどうかがその人の今後の人生にとって大切だ」とお話しされました。生徒たちは真剣にデモンストレーションを見て、心臓マッサージやAEDを使っていました。

今後使う場面が来ないのが一番良いですが、もし使わなくてはいけない場面に出くわしたときには、今日演習で行った経験を生かしてほしいです。

1

3

2