贈呈式のようす(ムービー)はこちらをクリック!! 

 5月4日()、本校1期生で美術部の部長であった安来明宏さんにより作品が寄贈され除幕式が行われ、集まった1期生と在校生約80人に御披露目されました。

 

 作品は、2015年にお亡くなりになった初代校長の諏訪先生に感謝の意を込めて、前校長の発案で計画が進められました。縦1,4m2,8mの大作が出来上がり、生徒の往来が多い教室棟二階の渡り廊下に設置されました。安来さんは「1期生全員の想いを込めて、亡き諏訪校長の作詞した校歌の意味を何度も考えながら制作した。東高生が希望と可能性に満ちた将来を送って欲しい。」とお話しをされました。

 

 在校生代表である大崎生徒会長は「歳は離れているが先輩方の築いてきた道の上に私たちがある。今回、1期生の先輩方と私たちが繋がっているということを目に見える形で作って頂いた。作品が架け橋となると感じている。」とお礼の言葉を述べました。

 

1  2 

 

3 

贈呈式のようす(ムービー)はこちらをクリック!!