校長 

ご挨拶

 松江東高校ホームページにようこそおいでくださいました。校長の野々村卓と申します。本校の勤務は2度目。校長としては1年目となります。校区に自宅があり「地元の学校」である東高に勤務できることに喜びに感じ、全力を尽くしたいと思います。よろしくお願いいたします。

 昭和58年4月に開校した本校は、平成25年度に満30周年、この4月に36期生を入学式で迎えたまだまだ若い学校です。開校以来不変の教育方針である「高い知性と、すぐれた人格を備え、心身ともに健全で、人間性豊かな人材の育成をめざす」ことの具現化に、「師弟同行」をモットーに学校挙げて取り組んできました。
 この歴史と伝統の上に立ちつつ、変化の激しい現代社会を生き抜くことができる人を育てるべく、平成27年度に「松江東高校グランドデザイン」を作成し、
○目指す学校像…生徒の可能性の拡充に、師弟同行で挑戦する学校
○育てたい生徒像…自分らしいライフデザインの実現をめざす生徒
そして、今年度の教育目標は、次の「3つの力」を育てることとしました。
  ○「人とつながって生きる力」を向上させる
  ○「自己の未来を切り拓いていく力」を向上させる
  ○「地域社会の今と未来に関わる力」を育成する
 イメージ図はグランドデザインのページをご覧ください。
 そして、一昨年度から生徒・教職員で共有する合い言葉として「自立への道程(みち)」を定めました。生徒達が「自立した18歳」として本校を卒業してほしいという気持ちでこの言葉にしました。自立した姿を各自が考え、模索しながら進んでいく姿を学校・家庭・地域で支援していければと考えています。

自立への道程

 今年度の始業式では、生徒の皆さんには「不可能を可能にするのは挑戦だ」と言い、入学式では「未見の我」を探して欲しいと言いました。高校の3年間、何かに挑戦し続けることで「未見の我」すなわち「自立した18歳」に成長してくれると考えています。
 高大接続改革が進み、学習指導要領の改訂など、本校を取り巻く環境が大きく変化しようとしている今、積極的に変化を求め、教育の魅力化を進めていきたいと考えています。これからも本校教育の推進に、ご理解ご支援をよろしくお願いいたします。


平成30年4月
松江東高校 校長 野々村 卓